キャンピングカーをこうして手に入れた(その3)

購入記(その3)


2月(2007年)に、初めて幕張メッセに行きキャンピングカーフェアを見に行った。

すごい人だ。こんなにキャンピングカーに興味がある人がいるんだなぁ。入場時間まで少し時間があるが、かなりの人が並んでいる。
 

年代層が分かれている感じだ。30代後半~40代前半、小学生位の子供がいそうな年代と、50代~60代位の夫婦これからの人生を楽しもうという年代。皆、それぞれの夢を持って来ているのだろう。


このフェアの列に限らず、並んでいる人々の傾向は、あるパターンがあると思う。趣味が同じだから、似たような感じがあるのだろうか。
 


例えば、ラーメン店で並んでいる人→とんこつ系大好き人種が多い。太目で油っぽい人が多いかな。

バーゲン品に並ぶ人→主婦というか、おばさんがほとんど。東北人は大人しいが、関西のおばちゃんはスザマシイ。殺気さえ感じる。

キャンピングカーに興味がある人はラフな感じの人が多いようだ。神経質そうな人も少ない感じ。基本的に自然大好き人間だろうから何か、のんびり系が多いよう感じがする。


「まあ、嫌なことは忘れて、楽しもうぜ!」てな感じ。

(俺のことじゃないか!)


会場は熱気でムンムンしていたなぁ。

キャンピングカーは基本、見るだけで、目指すは『トレーラー』新商品で出たばかりの『エメロードⅢ』が目当てなのだ。

最初に宮城で見た販売店の社長が勧める訳だ。この新商品が出るから現車を早くサバキたかっただろうからね。

エメロードⅢを見て、さらに

「欲しい!!」

という気持ちがフツフツと湧き上がった。


見よ!これが私だ。ネギをショッテいるのが分かる。

(※ネギを背負っている→『カモ』という意味)
07.2.12 002_R.jpg

07.2.12 004_R.jpg

妻も中を見て、まんざらでもないようだ。

今日はキャンピングカーフェアを見て、明日はディズニーシーに行くスケジュールを組んでいる。

妻の了解を得るには、まず気持ち良くなってもらうことが第一だ。決して、自分だけが突っ走ってはいけない。


キャンピングカーを手に入れる方法の大事な奥義はここにあるのだ。(よ~く、覚えておくように。ここはテストに出るよ!)


ここは、攻め時だ。(ただ、あせってはいけない!)

「これがあれば、おいしいものを食べて、温泉に入った後、ゆっくりトレーラーの中で休めるよ~。」

と、楽しいイメージを膨らませるのだ。だが、女性は現実的だから、どうやって払っていけるかを、しっかり納得させる必要がある。

「頭金をこれ位入れて、あと毎月○万位だから、どうにかなるよ。」と平静を装いながら「大丈夫!」と言い切ろう。


「買っていい?」なんてことは言ってはいけない。


「ダメ!!」でチャンチャンになってしまう。

もう、「買う!」という前提で、話を進めなくてはいけないのだ。


1泊2日のキャンピングカーフェアとTDLを楽しく過ごし、帰宅してから具体的に手に入れる為の準備に取り掛かった。

 


「トレーラーを置く場所がない」

まず、それをどうするのか

 


つづく。

 

PR

ABOUTこの記事をかいた人

60歳で定年退職し、夢のひとつであった「キャンピングカーで1ヶ月間北海道を旅する」を実現し、ブログを立ち上げ、さらに第二の人生を謳歌すべく毎日を「生き生き」と過ごすことを目標にしています。
「人生は楽しまなくちゃ」をモットーとしており、夢をさらに実現させようと思っています。 キャンピングカーでの楽しみや、自由気ままに思ったことを書こうと思っていますので、お気軽にご覧頂ければ幸いです。