キャンピングカーをこうして手に入れた(その4)

購入記 その4

「トレーラーを置く場所がない!」


今から23年前、家を建てた時に駐車場は2台分は必要だと思って作った。が、その内に妻も車を持つようになり、余分なスペースがない。

じゃぁ、トレーラーは何処に置くのだ?考えたあげく

「う~む、こりゃ庭を潰すしかないかなぁ。」

自分で土を入れ、芝生を張り、生垣を自分で作った愛着ある庭を潰すしかない。自分で作ったウッドデッキも、削らなければならないではないか。

私のモットーとしては


「自分で出来るもの、は自分でする。」

という、奇特な考えというか、単に経済的というか、なんのことはない、「Do It Yourself」が好きなのである。

ちなみに、「DIY」をウェキペディアで調べると

  

『DIYとは、お金を払ってひと(業者)にやらせるのではなく、自身で(つまり自分の身体
を使って)何かを作ったり、修理したり、装飾したりする活動のことである。

 

DIYは、ともかくも「自分でできることは自分でやろう」という理念のもとに行う諸活動である。


DIYという言葉・概念は、『(ひとまかせにせず)自身でやる」という考え方を、広く生活の基本態度にしようとする精神を指していることもある。』

 


おお、素晴らしいではないか!私が素敵な人に見えてきたぞ。

 


ともかくも、こうなれば庭を潰すしかない。

「何かを得る為には、何かを捨てなければならない。」(おお、ここも哲学的だ。)

 


「ヨシ、庭を潰して駐車場を作ろう!」

 


そう決めて早速、庭の解体に入った。

勿論、自分で生垣を壊し、芝生を剥がし、土を掘り起こし、整備した。簡単ではない作業だ。

休みを利用して何日も掛けてやっと、平地になったのだ。だが、ちゃんとした駐車場にする為にはコンクリートを打たなければならない。


正直、それは素人では無理だと判断した。以前、本来の駐車場スペースも自分で
やろうとして、地面を掘ったら岩がゴロゴロ出てきた。

スコップではどうにもならなくて、知り合いの業者に頼んだ経緯があるのだ。コンクリートと、門撤去は頼んでやってもらい、やっとトレーラーが入る6mの駐車スペースが出来た。

 

こうなれば、妻も反対は出来ないだろう。

ただ、誤解してはいけない。ゴリ押しで納得させた訳ではないのだ。今までも大きな買い物、例えば土地、家、車など買う場合等、常に私が決めてきた。


実は「信頼関係」が出来ているの上でのことなのだ。こう書くと、いかにも亭主関白のようであるが、実は私は「孫悟空」なのかもしれない。

 


お釈迦様である妻が「ほっほっ」と笑っているのかも。

 

 

ま、そんな訳でトレーラーを置く場所が確保出来、資金繰りもどうにかなる目途が立って、いよいよ購入する形が見えてきた。

 

ここで、何故お金が工面できたか書いてみよう。

前にも書いたが、私は下戸である。お酒を飲まない。いや飲めないのだ。ビールを一口飲むと真っ赤になる。正直、情けない。でも遺伝だからしょうがない。

 


自分でも衝撃的にビックリしたことがあった。

ある有名な蕎麦屋さんで、天ざるを食べたが、美味しくて最後に蕎麦湯を入れてつゆを飲み干した。満足して車に戻ると、顔が火照る。

 


「あれっ?」

 


とバックミラーで顔を見ると「何と、真っ赤かー!!」ではないか。つゆにお酒が入っていたのだ。

まあ、基本的に料理等にお酒を少々入れているのが当たり前だろうが、イクラナンデモ、ここまで弱いのか。

このまま、運転して検問にでもあったら多分、こうなるだろう。


「何だ、お前!酒飲んでるな!」


「いえ、飲んでません。蕎麦湯を飲んだので。」

「ばかやろう!蕎麦湯で真っ赤になる奴なんて見たことがないぞ。完全な酔っ払い運転だ!」

 


と、なり逮捕され警察署に連行。

だが、アルコール検査で潔白が証明され翌日の新聞に


『誤認逮捕!そば湯で真っ赤か!』


なんてね。

酒が弱いということを言いたかった訳でなく、お酒が飲めないということは日常、酒代が掛からないという事。

タバコもやらない。20年位前に止めた。単身赴任だった頃、当時小学生だった娘に言われた訳ですよ。

「お父さん、身体に悪いからタバコは止めてね。」

と、かわいい娘の為にも止めようと決心して、頑張って止めました。

 


あれから10年!(綾小路きみまろ風に)
単身赴任が終わって帰ってみれば・・」

 

 

娘がタバコを吸っていた!」


なんて、漫談やっている訳でなくタバコも止めたし(今は娘も止めました。)ギャンブルもしない。(昔、パチンコはしたが時間が無駄だと分かったので止めた)

と、まあ酒・タバコ・ギャンブル・女とやらないで、お金は趣味の世界に集中させる訳なのです。

そうしてお金を工面して、いよいよキャンピングトレーラー新型を買いに販売店の向かう訳なのですが、時間が来たので

 


「今日は、ここまでー!!」

 

 

 

 

 

 

 

PR

ABOUTこの記事をかいた人

60歳で定年退職し、夢のひとつであった「キャンピングカーで1ヶ月間北海道を旅する」を実現し、ブログを立ち上げ、さらに第二の人生を謳歌すべく毎日を「生き生き」と過ごすことを目標にしています。
「人生は楽しまなくちゃ」をモットーとしており、夢をさらに実現させようと思っています。 キャンピングカーでの楽しみや、自由気ままに思ったことを書こうと思っていますので、お気軽にご覧頂ければ幸いです。