キャンピングカーをこうして手に入れた(最終章2)

購入記 最終章2

 

「グランキャパ590」は販売店の奥にひっそりと佇んでいた。

まるで私が来るのを、じっと待っているかのように。

IMG_20160419_173051_R.jpg

中を見せてもらった。まず良かったのは、「タバコ臭くない!」

妻は鼻が利くので臭いには敏感だ。タバコ臭いと、その時点で「NO!」だ。

まず第一関門クリアになった。

 

ダイネット(ダイニングスペース)、ギャレー(キッチン)、二段ベット、
トイレルーム、運転席など、じっくり見る。

「イイ!!」
 


一つだけ気になったのは、ダイネットが4人掛けスタイルでなかったこと。

だが夫婦旅が基本だから、座り心地も良いし、運転席と助手席が反転して対面式にもなるということ(ちょっと面倒くさいが)で、これも私の中では「OK!」となった。

ほとんどの設備(サブバッテリー2個、インバーター、FFヒーター、冷蔵庫、電子レンジ、カセットボンベ式ガスレンジ(5本入り、これは便利だ)テレビ、バックカメラ、カーナビ、
サイクリングキャリア、ランチョ4本(乗り心地をよくする)換気ファンなどが付いているので、オプションを追加することはない。

店長に聞いたら、前オーナーは、これを下取りに出して「ボーダー」を購入したとのこと。又、トライアスロンが好きで家族で利用して
いたとのこと。(何と、このオーナーに6年後に偶然仙台で会うことになるとは!)
今回は一応「見るだけ」という気持ちで行ったが、「一目惚れ!」してしまった。

「欲しい!」というのが正直な気持ちだった。気持ちが盛り上がるだけ盛り上がって、店を後にした。

実は、ここに来る前に吉報が入っていた。キャンピングトレーラーが希望依頼額で売れたのだ。

妻にメールでキャンピングカーの写真を送り、電話連絡する。
「いや~良かったよ。前オーナーがタバコを吸っていないからタバコ臭くないし。○○も付いているし、○○も付いている。」

と、子供が買ってもらう為に、買った場合のメリットを沢山言う感じだ。

「キャンピングトレーラーが売れて頭金にできるし、月々のローンもハリアーの支払いも丁度終わるしね。」

妻は一言呟いた。

「いいんじゃない。」

「えっ?えっ!」

「買っていいってこと?」


「気に入ったんでしょ。というか決めているんでしょ。」


おお、さすがは我が妻だ。よく私の性格を見抜いている。

「ありがとう!」

次の休みに、横浜のディラー「ナッツ」に再訪した。勿論、契約に!!

納期はゴールデンウィークに間に合わせることで了解し、店長が宮城自宅まで納車に来てくれた。

こうして2009年4月末に、現在のキャンピングカーを手に入れた。それも、まだ単身赴任中に!

「キャンピングカーをこうして手に入れた」記事を記憶を辿りながら、書いてきた。
夢を実現させる方法は自分の経験で「体感」したことは

①まず、『思う』こと。
②『行動』すること。
③『諦めない』こと。

だと思う。条件が「揃わない」と実現しないのではなく、「行動する」ことで条件が揃ってくるのではないか。そんな気がする。

「気が付いたら、そこに自分が『望んでいたもの』が目の前にあった!」

キャンピングカーを手に入れることだけでなく今までの全てのことが良くも悪くも、正にその通りのことが常に「目の前にあった」ということを感じる。

この記事の最後に手に入れて、最初の頃の写真をご紹介します。

IMG_20160415_072014_R.jpg今後も気の向くまま(不定期ですが)、記事を書こうと思いますので、気が向いたらご覧下さい。

★お気に召したらポチッとお願い致します。
ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村

PR

ABOUTこの記事をかいた人

60歳で定年退職し、夢のひとつであった「キャンピングカーで1ヶ月間北海道を旅する」を実現し、ブログを立ち上げ、さらに第二の人生を謳歌すべく毎日を「生き生き」と過ごすことを目標にしています。
「人生は楽しまなくちゃ」をモットーとしており、夢をさらに実現させようと思っています。 キャンピングカーでの楽しみや、自由気ままに思ったことを書こうと思っていますので、お気軽にご覧頂ければ幸いです。