キャンピングカー北海道ひとり旅 14日目(網走・能取岬)

7月28日(火)14日目


旅に出て2週間目の朝、4時に目覚める。
早すぎるが起きてしまった。ココも起こして、朝の散歩に連れていこうと準備しつつ居眠りをしてしまって、気が付いたら6時!ココに悪いことをしてしまったね。

「気持ちよく寝ていたのに起こしておいて、こっちが寝てしまってゴメンな。」

改めて、散歩させる為に外に出て様子を窺った。

 

まあ、快晴ではないけれど、天気も良く気持ちよい朝を迎えた。芝は綺麗だけど、朝露でまだ濡れているから茶色のロード通路を歩かせた。


いやいや、ここの公園もきれいにしている。近くの子供達も自転車で楽しそうに園内を走り回っている。

朝食後、昨日道の駅で買ったゴミ袋にゴミは入れたけど、この道の駅は10時からオープンとのことで、まだ出せない。

(トイレは24時間使用可)のぼりを立てている男性に、

「空になったカセット缶は出せますか?」

と聞いたら、缶に穴を開けていればOKとのことで、あとで一緒に出すことにした。


補充用カセット缶をホームセンターで買うにも、まだ早いのでこの辺の見どころで『サロマ湖の岬の展望台というのがあったので、そこに行ってみることに。

 

いやいや、近いと思っても、片道10km位はあったのではないかな。結構走って行った割には、大した眺めでもなく

「なぁ~んだ。」

 

という感じ。

同じ考えで来たと思われるキャンピングカー2台もそそくさと戻っていった。

しょうがなく、浜辺にあった流木をお土産に、又『チューリップの駅』に戻った。 残念ながら
外れだったようだ。

「まあ、こういうこともあるさ。」

 

と、自分を慰めた。

ついてない事は重なるもので、やっと開いた道の駅にゴミを持っていくと、昨日ゴミ袋を販売した同じ受付嬢が

 

「ゴミ回収関係は一切、ここではやってません!センターに持って行って下さい!」

 

と、きた。いかにも、

「そんなゴミ、ここには持ってこないで」

と、きつい感じで。

(だったら、売った時にそのことを教えるべきだろうが。)と温厚な私でも、ムッときた。
(平然と大人の対応はしたが。)


人生60年、女性と接する機会は沢山あったが、(Hな意味ではありません)美人だ、普通だ、ブスだという前に『可愛げ』のない女性はいただけない。

非常に損をしていると感じる。それでは男も寄ってこないね。

「女は愛嬌」と昔の人は言ったが、正にその通りだと思う。


「普通」の女性が可愛げがあると、
グンと評価は上がるが、逆に「美人」が可愛げがないと、非常に評価は下がる。

まあ、今回の受付嬢は若く「普通」だったが。

やはり、女性は愛想が良く、誰でも分け隔てしない娘は早く彼氏が出来、結婚する傾向にあると感じる。(これだけ言うのは、かなりカチンときた証拠だね。)



センターにゴミの件を聞いたら、感じのよい男性だったが、場所はここではなく、裏手の方へと案内されたが回ってみたら誰もいない。

ゴミをぶら下げてウロウロして、ようやく人を捕まえて処理出来た。(ふぅ~)

北海道はゴミの処理については、かなり厳しい状況になっている。

道の駅では、自動販売機で買ったペットボトルを捨てるゴミ箱もない状態。

以前に迷惑なゴミ捨てが多かったせいだろうと思う。

 

何とか、出発してホームセンターでカセット缶を買い、目指すは『網走』。

途中、ガイドブックにあった能取湖サンゴ草群落』に行ってみた。

まあ、シーズンは秋で、その時期にはサンゴ草が真っ赤になる沼とのことだが、当然季節外れで、ただの沼地だった。

駐車場に車は一台のみ。それも営業か何かで一休みしに、ここに来たという感じの車だけ
だった。


「う~ん、残念。」


その後、小休憩で良さそうな所があったので寄ってみたが

14 (1)_R.JPG

遊園地のようだったので、下りずにそのまま街道に戻った。

 

さらに網走へと愛車を走らせる。

お昼過ぎになっており、網走の魚料理がウリの『いしざわ』という食堂に向かった。

 

安くて美味いとなれば当然、昼時間は混んでいるだろうから、その時間を避けて行けば、何とかは入れるだろうとの目論見で向かった。

カーナビを頼りにようやく、その場所を見つけた。


何と、非情にも『定休日』という信じられない文字が。

 


「んもう、空しくなってしまいますなぁー。」

一番がっかりするのは、何度も通ったお店で味は当然覚えていて

「よし、今日は○○に○○を食べに行こう!」

と決めて、そこに向かって急ぐが、段々にお腹は空いてくるし、あの味が脳裏に浮かんできて、

「ゴックン」と生唾を飲んで、ようやく着いたら


『定休日』・・・!!

 


その時になって初めて気が付くんですね。

「そうか、今日は休みだったんだ!」

「んもう、この気持ち、空腹どうするん
だよー。」

この、何とも言えない空虚感。
生唾で味わった味覚は、代替えがきかないものになっていたからねー。


まあ、今日は全く味も知らないから、そんなに強烈な落胆にはなっていなかったので、素早く『食べログ』で近くのラーメンを検索。


美味しそうな店が、すぐ近くだったので気持ちを切り替え、無事駐車場にも入れて店内に入った。



メニューを見てびっくり!一番始めに当店おすすめ『どろラーメン』!


どろ?凄いネーミングだ。トイレの前でカレーライスを食べるようなものだ。(そんな訳ないか)

ちょっと躊躇したが、思い切って、「それ」を注文。

暫し待って、運ばれてきたラーメン。正しく「どろ」みたいだ。


旅で食べたものは、写真に撮ることが多いのだけれどこれは撮らなかった。

後で見ても、美味しそうじゃない。でも、これは期待に大きく反して
美味しかった。(期待していなかったのか)

スープが独特で、こってり系だけど、クドクもなく、このスープだけでは「勿体ない」感じがあり、小ライスを一緒に頼んで正解だった。

スープだけ持ち帰り、ご飯にかけて食べたかった位の濃厚さで美味しかった。接客も感じ良くて(こうでなくちゃ!?)

 

満足して店を出た。

「よし、よし。」

網走に来たからには、『網走刑務所』(網走監獄博物館がある)を見なくてはと思ったが、お腹が一杯の状態では、そんな気分になれない。

それじゃと網走の人気スポットNo1になっていた『能取岬』に行こうと決めて車を走らせた。

 


いやはや、北海道は、いちいち距離がある。

近くといっても5km、10kmは当たり前という感じ。

 

結構、林の中を走って、ようやく着いた。
14 (9)_R.JPG

14 (3)_R.JPG 14 (5)_R.JPG

結果的には、非常に思い出深い場所になった。

オホーツク海と灯台と、広々とした牧草地(牛や馬が放牧されていた)だけなんだけれど、何か非常に落ち着く感じがする。

14 (7)_R.JPG

バスで、中国からの観光客が来て、一時ざわついたが、その後バスがいなくなり、他の車も段々減ってきた。

夕暮れとなってきたから皆、退却体制に入ったからなのだが私は、ここで車中泊しようと決めた。

 


ほとんど、ひと気がなくなり、車内でこういう場合、普通コーヒーを淹れるのだが、ふと日本茶が飲みたくなり、全面に海が見える状態に車を移動してお湯を沸かし、ティーパッケージのお茶を淹れた。

BGMを聴きながら、おいしいお茶を飲む。

愛犬ココは、散歩を充分にした為か、満足気にお気に入りのフロントガラスのスペースに、ゆったりしている。

14 (11)_R.JPG

目の前には、夕暮れ前のおだやかな海が一望でき、回りには誰もいない・・。
14 (10)_R.JPG

『この贅沢な時間』を、充分楽しむ。

 

14 (12)_R.JPG

「城 達也のジェットストリームのナレーション」が聞こえてくるような雰囲気。

「いいんでないかい。」

と、ひとり悦に入っている。

こういう空間、気持ち良さを求めに北海道に来た。その時は何時なの?そう今、正に

「今でしょ!」

 

夕陽がゆっくり沈むのを、ぼ~と眺め、たった1台だけで夜、朝を迎えた。

14 (13)_R.JPG

『いい、時間だった。』


これだけでも北海道に来たかいがあった。この充実感は何にも代えられない。

そうなんだよね。有名な観光地巡りしても、こういう気持ちにはならない。

何でもない時に、「ほっこり」できる、満足できる空間、時間があるんだ。

 

満たされた気持ちのままで、ゆっくり眠りについた・・・。

 

 

★宜しかったらポチッとお願い致します。
ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村

PR

ABOUTこの記事をかいた人

60歳で定年退職し、夢のひとつであった「キャンピングカーで1ヶ月間北海道を旅する」を実現し、ブログを立ち上げ、さらに第二の人生を謳歌すべく毎日を「生き生き」と過ごすことを目標にしています。
「人生は楽しまなくちゃ」をモットーとしており、夢をさらに実現させようと思っています。 キャンピングカーでの楽しみや、自由気ままに思ったことを書こうと思っていますので、お気軽にご覧頂ければ幸いです。