キャンピングカー北海道ひとり旅 17日目(釧路湿原)

7月31日(金)17日目


水郷緑地公園の朝を迎えた。曇り空だが、雨が降っていないだけましか。
ココが「散歩はまだ?」と目で訴えかけてくる。

「う~ん、まだ早いけど、しょうがないな~。」

と、ココに甘い飼い主だ。

 

公園を散歩したが、今日は朝飯(パン)を買っていなかったのですぐ出発した。


今日の計画は、釧路湿原を見て、コインランドリーで洗濯し、ラーメンがおいしいとブログにあった『まるひろ』に行き、お風呂に入ってさっぱりしたいという、こりゃまた真面目な計画だ。


曇り空で湿原を見ても、どうかなと思って
いたが、やはり私は

「ツイてる。」

運転してると、どんどん天気が良くなってきた。

かなり「晴天」になった状態で『釧路湿原国立公園・細川展望台』に着いた。

 


知床には、ココを連れて行けなかったので、今回は散歩がてら一緒だ。
ココも

「え、行けるの?」

と、分かって興奮し、飛びついてきた。

駐車場から展望台まで15分位、上りなのでココも「はぁ、はぁ」の状態で頂上に着いた。

ゆっくり、展望台に近づく。と、そこには一面の大パノラマが見えた。
17 (1)_R.JPG

「おお、釧路湿原が広がってるー!何と、アマゾンのようだ。」(見たことはないが)

妻、娘、兄へラインで「アマゾンに着いたぞー!」とメールを打った。

せっかくなので、近くにいたオジサン(お前もオジサンだろうが)に写真を撮ってもらった。(晴れていればサングラスはOK?だ)
17 (5)_R.JPG

「晴れたから、この絶景を見れたなあ」と満足して、下のインフォメーションでソフトクリームを買い、車に戻ろうとした時、前から近づいてくるものがいた。

 

「あ、北キツネだ!」

何と、普通に近寄ってくるではないか。

「やばい、ココが気が付く」

 

と思ったら、珍しくココは前を見ないで、ソフトクリームに気を取られ、気が付いていない。すぐさま、抱き上げて引き返し、別の道を歩いた。

 

う~ん、シャッターチャンスを逃したと思ったが、もしココが北キツネと接触したらマズかっただろうからな。

ココを車に入れて、また同じ場所に戻ったが、もういない。残念。

 

と、車に戻って何気なく回りを見たら、何やら動く気配が。何と排水溝から子ギツネが顔を出している。

17 (7)_R.JPG
多分、さっきの北キツネが母親なのかもしれない。

写真と動画を撮れて、ラッキーだった。

 


釧路湿原を満喫して一路、釧路市内へ。今まで、自然の中ばかり走っていたから、都会の雰囲気に違和感がある。

まずは、コインランドリーをネットで調べて、そこに着いたが旧式の洗濯機に加え洗剤を買う為の小銭がなく、両替機もなかったのでここは諦めて、先にラーメン屋『まるひろ』に直行。


昼前だと駐車できるだろうとの着いたが、店の前の駐車場はいっぱい。

と思ったら何と、入れ違いに出てきた人がいて、駐車スペースが1台空いた。


「ラッキー、ちゃちゃちゃ!」※バレーボールの試合の掛け声(日本ちゃちゃちゃ)を真似て。

17 (8)_R.JPG

醤油ラーメンは、やさしいスープというか素朴な味わいがあって美味しい。
17 (9)_R.JPG
ちょっと、しょっぱいかなと感じたが麺は細麺で食べやすく美味しい。


ほぼ満足して、お金を払ったら

「有難うございます、お気をつけて」

と、やさしい気配りの声掛けが嬉しい。


改めて、コインランドリーを検索し、着いたが個人宅の脇に作ったという感じで、

「まあ、こんなもんかな~」

と、洗濯物を入れて、市内のホームセンターで買い物をして、イオンに向かった。
何と、すぐ近くに大きなコインランドリーが。
後の祭りであるが、しょうがないと諦めた。

イオンに行った訳は、「大きい方の自然現象」を解決する為だったが、ふと、ココにやられたメガネの代替を、安く30分位で作れるなら考えても良いかなとメガネ店に立ち寄った。

店の人に聞いたら、

「レンズ在庫があれば大丈夫です。その前に度数を測りましょう。」

 

と左から見える順に「は・い・て・し」

とか言っていたら、

「在庫あります」と言われ安いので良いから見繕ってと言って注文してしまった。

30分、本来の目的?と本屋で時間を潰してメガネが出来上がった。

やはりクリアに良く見える。

サングラスでなく普通のメガネで、市内の銭湯『ふみぞの湯』へ。

ここは温泉ではないが、広々としてサウナ、露天風呂、ジャグジー等あってなんと、440円と格安で良かった。


さっぱりして、モダ石油でガソリンも満タンにし、今日のねぐらである道の駅『しらぬか恋問』へ。

ここは海のそばで芝生もあり、小さいながらも絶好の散歩広場がある。


散歩させていると、何か言いたそうなオジサン(70歳位)が

「この車、何人寝れるのですか?」

と、聞いてきた。

そこから話が始まり

「へえ、軽自動車で山口から奥さんと来られたんですか~。」

等々、話が盛り上り15分位、話込んでいて「事件」は起きた。


車を開けると、レンズの破片が床に落ちているではないか!!!

「ココ!!」

怒られたのが、確実に分かって、すぐゲージの中に退避するココ。

正に、正に、今日、代替で買ったメガネが淵だけ残して無残な姿に・・・。

「ううっ」


ちょっとココを怒ってしまいました。

しばらくして、元々ちゃんと手が届かない所に置かなかった自分が悪い。(そうだ!)
同じ轍を踏んだ自分が悪い。(そうだ!)

思い直し、ココに謝ってイオンのメガネ屋さんに電話をして、事情を話す。

レンズは半額で直せるとの事。明日、また行くしかないと諦めた次第。


「ものは考え方次第」

明日戻らないで、そのまま行ったら事故っていたのだ。そう、それを回避する為にココはあえてメガネを壊したのだ。

 

「そうだ、ココは私を救ってくれたんだ」

そう思うことにした。いや、そうだったんだ。


「ココ、有難う!」(?)

 

今日も一緒に寝てもいいよ。と、抱きかかえる私でした。終わり(!)

17 (10)_R.JPG
(月夜の海)

PR

ABOUTこの記事をかいた人

60歳で定年退職し、夢のひとつであった「キャンピングカーで1ヶ月間北海道を旅する」を実現し、ブログを立ち上げ、さらに第二の人生を謳歌すべく毎日を「生き生き」と過ごすことを目標にしています。
「人生は楽しまなくちゃ」をモットーとしており、夢をさらに実現させようと思っています。 キャンピングカーでの楽しみや、自由気ままに思ったことを書こうと思っていますので、お気軽にご覧頂ければ幸いです。