キャンピングカー北海道ひとり旅 2日目(苫小牧到着)

7月16日(木)2日目 ※北海道初日


朝食は贅沢にも船のモーニングセットを頼んだ。

(Bセット720円)

2 (1)_R.JPG

2 (3)_R.JPG

満足して海を見ると潮風が心地よい。

11時に、ようやく苫小牧港に到着。

「さあ、あこがれの北海道だー!!」

どう、料理するかな~!

 

まず、フェリーターミナルの駐車場で取り外していた外付け自転車キャリーとゴミ箱をセッティングした。

(何故なら愛車『モモタロウ』は5.9mあり、太平洋フェリーは実寸での価格設定とのこと。そのままだと6mを超してしまうので、やむなく乗船時は取り外したのだ。)


ココのストレスを取る為に散歩させてと。(ドックランもあり)

2 (6)_R.JPG

昼過ぎになったので
「まずは、北海道のラーメンだな~」

と『食べログ』でラーメン検索。お勧めの塩ラーメンを頼んだ。

2 (7)_R.JPG

「うん、スープはうまい。」

 

これは、いけるぞと期待したが残念なことに麺、チャーシューがイマイチ。
(だから、あえて店名は出さない)でも、スープは完食。

 

今回、北海道の旅を計画するに当たり、何処を回るか一番の参考になった情報源は、あるお方の「ブログ」。

何年も北海道に何か月も行っているので、それを参考に良さそうな場所を選定した。どう回るかは自分のその時の気分次第という方針。


しかし、1ヶ月の旅で宿泊手配もせず、その日の気分で好きに行先を決められるというのは、非常に贅沢な旅だと思う。

 

私はよく好きな言葉というか、歌の文句にある

 

「♪土手の柳は風まかせ~♪」

 

(若い人は誰も知らないだろうし、私の年代でもないが、三橋美智也の歌である)をよく口づさむ。

正にそんな感じ。これはとても会社員時代には絶対できなかった『旅』だ。

 

そんな『旅』に憧れて退職前(有給を全部使えたので)から自由気ままに1週間単位で4回位、「ひとり旅」をしてきた。

決して「ひとり旅」だけが好きな訳でなく、妻は働いているので、まだ全部一緒に旅は出来ないし、「ひとり旅」も「夫婦旅」も好きなのだ。

 

今回は、愛犬ココと「ふたり旅?」となった訳なのだがココとの旅は、妻が同伴しての旅は何回かしている。

その時は運転中は見てもらえるので心配ないが、ココだけとなると正直、大丈夫かなという不安もあったけど、前に書いたように元々の「楽天主義」で「大丈夫、まぁどうにかなるさ。」と来た訳。

 

 

話を北海道旅に戻し、苫小牧から走って道の駅『むかわ四季の館』に到着した。

2 (8)_R.JPG

キャンピングカー駐車場所と書いてあるスペース(初めて見た)に止めた。周りを見渡すと、さすがキャンピングカーの聖地、北海道。

 

「居る居る、キャンパー達!」

 

これから楽しい旅が始まると思うとワクワクする。

温泉もブログにある通り褐色の食塩泉は良かった。
2 (9)_R.JPG

ここで一風呂浴びて、やっと、ひと心地ついた。

 

愛車モモタロウで「レトルトカレー&レトルトごはん」を鍋で沸騰させて食べた。
愛犬ココも、いつものドッグフードをペロリ。

 

夜になると、かなり涼しい。おととい仙台では30度を超す暑さで夜も非常に寝苦しかったのだろうと妻に「スマヌ」と気持ちだけ送った。(我が家に寝室にはクーラーがないのだ)



北海道上陸を無事終えての初日、さすがに疲れたんだろう、私はバンクヘッドの2階に、ココは下にと、それぞれバタンキューと相成った。

 

 

★宜しかったらポチッとお願い致します。
ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村

PR

ABOUTこの記事をかいた人

60歳で定年退職し、夢のひとつであった「キャンピングカーで1ヶ月間北海道を旅する」を実現し、ブログを立ち上げ、さらに第二の人生を謳歌すべく毎日を「生き生き」と過ごすことを目標にしています。
「人生は楽しまなくちゃ」をモットーとしており、夢をさらに実現させようと思っています。 キャンピングカーでの楽しみや、自由気ままに思ったことを書こうと思っていますので、お気軽にご覧頂ければ幸いです。