キャンピングカー北海道ひとり旅 20日目(帯広~道の駅忠類)

8月3日(月)20日目


朝6時前に目が覚めて、早速今日は出発。
まずは、道の駅『うりまく』へ行って、馬に乗りたいと思っているのだ。朝もやで、すっきりした天候ではないが、ツイている私のことだから、きっと晴れるだろう。

20 (3)_R.JPG途中、ひまわりが密集している所があり、思わず引き返して写真と動画を撮った。
20 (2)_R.JPG特に観光地でもなく、地主の人が好きで、ひまわりを植えたのだろうな。という気持ちが伝わってきた。

ひまわりも皆、健気にも「整列!」と号令されたように太陽に向かって顔を揃えている。

それぞれに「意志」があるように見える。

 

ひまわりA
「おい、前の奴、もう少し頭を下げろよ。日陰になってしまうだろう。こっちは背伸びしてるんだからな。」


ひまわりB
「俺だって隣から押されて身動きできないんだよ。」

ひまわりC
「何、写真撮ってるんだよー!」

ひまわりD
「まあ、まあ、皆さんお静かに。お日様は平等だからもうすぐ、みんなに日が差しますよ。ほら、温ったかくなってきたでしょう。」

なんてね。


そんな夢物語に酔いしれていたら、8時半頃『うりまく』に着いた。

20 (5)_R.JPG

道の駅というより「乗馬施設」と「パークゴルフ施設」があるようなものだ。
手前には、馬場が整備されており競馬場のような感じがする。20 (4)_R.JPG

受付施設は9時からオープンで、まだ誰も来ていないので、ココを芝生で思いっきり遊ばせる。

天気も良いし、ココものびのびと嬉しそうだ。


9時になり、お土産屋さんと一緒になっている乗馬受付で、ある程度乗れる人のコース15分)を頼むつもりで、いの一番で申込みしようとしたら
「今日は、平日で引き綱の体験しかやっておりません。」とのことであえなく撃沈。「引き綱でトコトコするのは、小学生位だからな~。」


ココも草を食べて「ゲェゲェ」とモドシテ
しまった。

ネットで調べると、犬は整腸の為等、けっこう草を食べてモドすと書いてあるので、しょうがないが、やはり臭くなる。


公園の水道で口を洗ってやって出発するか。

 

「さあ、ココ。冷たい水でさっぱりしようね。」

 

と、本人の意見も聞かずゴシゴシ口を洗う。

 

「アガッ、アガッ!」と苦しそうだ。

 

 

今日の目的のひとつが帯広で有名な『豚丼』を食べること。

その中でも有名な『とん田』。

人気店だから早めが良いだろうと給油を終えてから、11時オープン前に着いた。何と、もう10人以上並んでいる。
20 (6)_R.JPG

駐車場は隣にパチンコ店などがある大きな駐車場があるので、キャンピングカーを止めるのにも問題ない。

食べるまで1時間ちょっと。いや~並ぶ価値はある美味しさでした。

20 (8)_R.JPG
思わず清算時に豚丼のたれを購入してしまった。

お腹が満足すれば、もはや何もいうことはないので、今日P泊予定の、これも人気の道の駅『忠類』へ。


途中、なつかしい『愛国』駅の看板を見つけ、立ち寄った。

20 (9)_R.JPG

もう廃線になっているが、蒸気機関車が展示というか、そのまま駅にあって、汽車マニアには、堪らないだろうな。

20 (10)_R.JPG

近くにある古びたお土産屋さんで「愛国駅から幸福駅」までの切符を娘の為に買った。

まあ、気持ちの問題だろうけど。

20 (11)_R.JPG

20 (12)_R.JPG

ここを離れて次の目的地『忠類』に向かう。

道の駅『忠類』は確かにキレイな道の駅で、芝生がある無料のキャンプ場もあり、人気があるのは頷けたが致命的な欠陥がある。


「犬にやさしくない」ということ。

「公園の芝生には犬は入れないで下さい」

「キャンプ場には犬禁止」

との看板があり、犬が遊ぶ所もないし、キャンプ場にも入れられない。

申し訳程度に道の駅の片隅に「ドッグラン」はあるが、芝というか雑草ぼうぼうだし、手入れをしていないのが分かる。

ここ以外では遊ばせるなと言わんばかりの感じがする。愛犬家なら分かると思う。

それと、何か「しっくりこない」という感じで、落ち着かない。

人それぞれの感性だから、ここが最高という人もいると思うが、整い過ぎて「窮屈」という感じがする。

連泊予定の場所だったが、今日は手前の駐車場に止めて明日は出発しようと、早々と寝ることにした。
21 (1)_R.JPG

 

今日は、ここまで。

PR

ABOUTこの記事をかいた人

60歳で定年退職し、夢のひとつであった「キャンピングカーで1ヶ月間北海道を旅する」を実現し、ブログを立ち上げ、さらに第二の人生を謳歌すべく毎日を「生き生き」と過ごすことを目標にしています。
「人生は楽しまなくちゃ」をモットーとしており、夢をさらに実現させようと思っています。 キャンピングカーでの楽しみや、自由気ままに思ったことを書こうと思っていますので、お気軽にご覧頂ければ幸いです。