キャンピングカー北海道ひとり旅 9日目(鏡沼公園キャンプ場)

7月23日(木)9日目


朝は霧雨でココも寝ぼけマナコで起きてきた。

9 (3)_R.JPG

それでもお昼には天気回復して、どんどん晴れてきた。

ある程度芝生も乾いてきたので、ココをそこで離すとロケットのように思いっきり走り回り、舌を出し「ハァ、ハァ」と嬉しそうだ。

海をバックに満足した顔をしている。
9 (12)_R.JPG

午後までまったりして、今日は天気も良くなってドライブ日和と思い天塩の『鏡沼公園キャンプ場』に向けて快適にドライブを楽しんだ。

 

そこまでの道路は『オロロン街道』と呼ばれ、多くのライダーの憧れの街道で、海を左手に見ながらの景色は最高だ。

9 (16)_R.JPG

途中、道の駅『富士見』で、ちょっと休憩し

 

ショッパイ「かき揚げそば」を食べて、
9 (17)_R.JPG

 

無事3時頃キャンプ場に着いた。

受付を済ませ、キャンピングカー専用の芝生サイトに。

そこにはバンコンが1台だけ止まっていた。脇にテントを張っていて人影は見えない。

あとで、この宿泊者が思いがけない人と気づくのであるが・・・。

このキャンプ場は、利尻富士が下の方に雲はあるが綺麗に見え、隣には綺麗な沼があり、ゆっくりできるおすすめのキャンプ場だ。(1泊500円、シーズン券だと3,000円で何泊でも何回でも出入り出来るそうな)

 

サイドオーニングを出して、チェアーを引っ張り出して寛げる体制を作り、

9 (19)_R.JPG

さあて

「ココ、散歩行くか?」「ワン!」

 

ココも散歩道を気持ち良い風がそよいでいる中で、満足気に散歩を終えて嬉しそうだ。

しばらくチェアーでまったり読書をした後、夕方に近くの温泉『夕映』へ。

 

2階の露天風呂からキャンプサイトや利尻富士が見え、心が洗われる優雅なひとときを過ごした。

 

夕涼みがてら近くの河口まで行って、夕日をバックに記念撮影。

この一瞬がその時を凝縮した「貴重な思い出」になるのだ。
9 (25)_R.JPG

9 (46)_R.JPG

9 (47)_R.JPG

夕食はレトルトごはんにレトルト牛丼、やきとり缶詰でも十分満足して気持ちよく夜を過ごした。

 

ココは腕枕の中で寝息を立てている。

私も心地よい眠気に誘われながら、いつしか寝てしまう・・。

PR

ABOUTこの記事をかいた人

60歳で定年退職し、夢のひとつであった「キャンピングカーで1ヶ月間北海道を旅する」を実現し、ブログを立ち上げ、さらに第二の人生を謳歌すべく毎日を「生き生き」と過ごすことを目標にしています。
「人生は楽しまなくちゃ」をモットーとしており、夢をさらに実現させようと思っています。 キャンピングカーでの楽しみや、自由気ままに思ったことを書こうと思っていますので、お気軽にご覧頂ければ幸いです。