キャンピングカー田沢湖ひとり旅 (3日目) 最終日

田沢湖ひとり旅(3日目) 10月20日(木) 最終日

 

今日は、帰るだけだが温泉とおいしい物を食べるという楽しみがある。

 

朝5時過ぎに出発。

田沢湖高原温泉郷から雫石を通り花巻方面に向かう予定だ。

 

まずは問題の下り坂。

ゆっくりとセカンドにシフトダウンさせて降りていく。

 

早朝なので後ろから煽られる心配もない。

 

無事、通過して雫石の道の駅「雫石あねっこ」で休憩。

 

ここも人気の道の駅でキャンピングカーが4~5台止まっている。

 

自分の所用を済ませ素早く出発した。

途中でコンビニ朝食を済ませ活躍する「あきた日帰り温泉」で探した花巻の「悠の湯 風の季」へ。

 

「あきた日帰り温泉」は岩手と青森の温泉施設も載っているので便利なのだ。

 

「風の季」に着いた。

IMG_20161020_101901.jpg

IMG_20161020_101915.jpg
落ち着いた和風の外観で入ってからもモダンでいい雰囲気だ。

IMG_20161020_102212.jpg IMG_20161020_102924.jpg

 

何と、今日はシルバーデーということで60才以上は半額(600円→300円)で年配の人がオープン待ち(10:30から)している。

 

本に半額チケットが載っているし、60才以上だから、どちらでも有効なのだが、オープンしてから本を出して半額にしてもらった。

 

この辺が「見栄」というか、まだお年寄りグループには入らないぞという無駄な抵抗を示す私なのだ。

この温泉も露天風呂に一番に入ったし景色も良く、すっぽんぽんで川を覗いたりして最高の気分で温泉から上がった。

 

「こんなに気持ちよく過ごして良いのだろか?」

 

「うん!良いのである。」

と、自問自答。

 

車でゆったりし、この後、昼食で考えているのは一ノ関の「青葉直利庵」の天ざる。

 

蕎麦好きの人から言えば邪道の蕎麦かもしれない。

 

麺は太く、量があり、天ぷらは海老一本のみ。つゆは甘っ辛く、濃厚だ。

 

だが、クセになる。だから繁盛しているのだ。

 

「私が好きだからいいのだ。」

と言いつつ

「ゴクン。」

 

と唾を飲みながら一途、一ノ関に車を走らせる。

平日の1時過ぎに着いたのにギリギリ駐車スペースがあり、足早に店に入った。

 

ほどなく来た。

IMG_20161020_131930.jpg

「やっぱりウマ!」

 

 

後は今日は自宅に帰らず、明日そのまま仕事に行くつもりなので、職場の駐車場に向かい無事着いた。

 

こうして充実した連休3日間は終わりを告げた。

 

そんじゃまた、次何処かに行ったらブログを書きますよー!

 

『キャンピングカーで生き生き!』

 

乞うご期待あれ!

 

 

※この前、テレビでさんまが良いことを言っていた。

 

『生き生きと死にたい!』と。

 

大賛成!

 

 

まあ応援してやろうかと
お思いの方はポチッと
お願いします。


にほんブログ村

PR

ABOUTこの記事をかいた人

60歳で定年退職し、夢のひとつであった「キャンピングカーで1ヶ月間北海道を旅する」を実現し、ブログを立ち上げ、さらに第二の人生を謳歌すべく毎日を「生き生き」と過ごすことを目標にしています。
「人生は楽しまなくちゃ」をモットーとしており、夢をさらに実現させようと思っています。 キャンピングカーでの楽しみや、自由気ままに思ったことを書こうと思っていますので、お気軽にご覧頂ければ幸いです。