山形県寒河江に温泉と蕎麦旅

キャンピングカー ひとり旅 山形寒河江

10月、天気が良かったのでひとり旅に出た。

 

夕食を食べ、簡単な準備を済ませキャンピングカー に乗り込んだ。

 

愛犬ココは「え、一人で行くの?私は?連れていってくれないの?」

と居間のガラス戸からすがるような眼差しで私を見た。

 

「う〜ん、連れていってもいいけど、今日は一人でのんびりしたいからゴメンね。次は必ずどこか一緒に連れて行くからね」

と二人しか分からない言葉で話す。

 

ちょっと後ろ髪を引かれる思いでエンジンを掛け、出発した。

 

 

 

行き先は何度も行っている山形だ。自宅から高速を使えば1時間程度で着く。

寒河江SAからETC出口を出てその脇に無料駐車場があってそこで寝るのだ。

SAで寝ても良いのだが、ふと思ったら12時過ぎになると高速道の深夜割引になるからと気が付き12時を過ぎたところで高速道を出た。

 

『なるべく費用を掛けないで十分に楽しむ』をモットーとしているのでそのモットーに忠実に行動する。

 

ま、そうは言っても掛かったら掛かったなりに「しょうがないか」とすぐ方向転換する柔軟性を持ち合わせている私なのだ。

 

キャンピングカー の良さは思い付きですぐ出掛けられるということだ。逆に計画していても雨などで気が乗らない場合は

 

「即、中止!」と止められる。

 

今回は朝風呂温泉に入って、公園でゆっくり本などを読んで美味しい蕎麦を食べる。という何てこたぁない旅なのである。

 

朝、6時前に目覚める。

朝日が綺麗だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この場所を写真で紹介しよう。

 

ETC出口と無料駐車場がすぐ隣にある。トイレもあるので安心だし、目の前に今入らんとする『ゆ〜チャリー』がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この温泉は3つの温泉がありお得だ。料金も350円と非常に財布に優しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

露天風呂からは最上川も見れるし、お気に入りの温泉だ。

 

 

SAから歩いて温泉に入ることも可能だから運転が疲れたらここで一休みしても良いだろう。

休憩所で新聞を読みながら喉を潤し、ゆっくりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車に戻り、すぐ隣の『最上川ふるさと総合公園』に移動する。

ここでゆっくり朝の営み(公園のトイレ)を終了する。天気も良いので散歩しても気持ちの良い所だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年購入したポータブルバッテリーとソーラー(100W)を車に立て掛けて充電してみる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「おおっ!70Wも充電されているではないか。これだけ充電できれば充分だ。」

 

そのまま充電体制を維持して朝食に食べよう。

 

朝食は妻が作ってくれた手作りパンを焼き、コーヒーをドリップで立てたコーヒーだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでキャンピングカー の手作りカーテンを紹介しよう。

日中、車にいる時はプライバシーを守る為にレースのカーテンを運転席側から引く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜は逆に助手席側に畳んでいる厚手のカーテンを引く。レールはHCで見つけたものを取り付けた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは他のキャンパーにも参考になるだろうと思う。空間が広く使えるので中々優れたアイデアだと褒め称えてもらいたい。

 

と、まあ好き勝手なことをほざきつつ、まったりモードに入る。

 

 

このあと、車内の様子をユーチューブに上げようと思っているので、見てみたい方はこちらからどうぞ。

 

※ユーチューブができるまでは表示されませんので、ご注意ください。

 

ゆったりしてから蕎麦を食べに行った。

寒河江に来るといつも行く『ひふみ』ではなく、ネットで検索して良さそうな『そば処 吉亭』だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イマイチ自分好みではなかったが、それなりに美味しかった。

それから今晩の寝場所である『チェリーランドさがえ』(道の駅寒河江)に行く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ごまと米のアイスが美味しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午後の昼寝をたっぷりし、近くのコンビニで弁当等購入してさらにゆったりする。

 

うん、人生にはゆったりする時間が必要なのだと満足する時間を過ごす。

 

「え、何をしてたかって?パソコンでユーチューブを見たり、寝っ転がって本を読んだりだね」

テレビもあるが、見る気が起きない。自分だけの時間を好きなように過ごす。

 

『自分の気持ちに忠実に過ごす』これが楽しく過ごすための極意である。

 

 

 

翌日はゆっくり起きて、どうしても『ひふみ』の蕎麦が食べたくて行った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもは、げそ天蕎麦なのだが今回は違う蕎麦を頼んでみる。あったかい『肉そば』

 

 

これは美味しかった。特にスープがイイ!思いっきり飲み干してしまった。

「満足、満足」

 

 

このあとは天童の『ゆぴあ』に行く。田んぼの真ん中にあるような温泉だ。ここは露天風呂が広く露天風呂大好きな私としては外せない温泉だ。入湯料は何と300円!

「山形、エライ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2駐車場に止める。どうしても車長があるので空いている方が止めやすいのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のんびり温泉に浸かって戻ってきて車でふと寝てしまったら2時間位経っていた。

 

「今日はここまで!」

 

と、帰りは高速道でなく下道をゆっくり帰ったのであった。




ABOUTこの記事をかいた人

campre-hiro

60歳で定年退職し、夢のひとつであった「キャンピングカーで1ヶ月間北海道を旅する」を実現し、ブログを立ち上げ、さらに第二の人生を謳歌すべく毎日を「生き生き」と過ごすことを目標にしています。 「人生は楽しまなくちゃ」をモットーとしており、夢をさらに実現させようと思っています。 キャンピングカーでの楽しみや、自由気ままに思ったことを書こうと思っていますので、お気軽にご覧頂ければ幸いです。