キャンピングカーは「秘密基地」だ!

0
    JUGEMテーマ:キャンピングカー

    キャンピングカーの魅力とは?

    キャンピングカーを購入して7年になる。

    いろいろ楽しい想い出を作ってきたし
    これからも、新しい想い出を作っていこうと
    考えているが、ふと思った。

    「そもそもキャンピングカーの魅力とは
    何だろうか?」と。


    答えのひとつは
    男にとってのキャンピングカーは
    「秘密基地」なのだ。

    男はいくつになっても「子供の感性」を
    持っている。

    子供じみた幼稚な感じを受けるかも
    しれないが、実は
    男に与えられた「魂の感性!」であること
    が分かったのである。

    私の経験だけなのであるが・・。


    今から半世紀前(すごい表現だ!)
    私が10歳頃に山に芝刈りに・・いや
    近くの山で遊びほうけていた頃だ。

    山の斜面を掘り、遊び仲間と2畳位の
    スペースを暗くなるまで夢中になって作り、
    その辺にあった竹などで囲い
    「秘密基地だ〜!」と
    悦に入っていた時代があった。

    又、山に遊びに行く入口に大きな倉庫が
    あり、その中に10kg位の小麦か何かの
    袋が沢山積み込まれていた。

    その袋を積み直して、人が入れる位の
    スペースを作り、これまた
    「秘密基地」を作っていたのだった。

    まあ、少年時代はすこやかな
    「いたずら坊主」だった訳である。


    その「狭い空間」というものは
    動物学的にも(?)
    「安心できる場所」であるのです。

    それに狭い空間のメリットとして
    「何でも手が届く」便利な場所でもある。

    さらに自分なりの使い勝手を良くする為に
    いろいろカスタマイズしたい衝動に駆られ
    ます。

    これが、キャンピングカーを購入した人が
    オチイル「DIYへの道」な訳です。


    自分が満たされる場所「秘密基地」を
    持つこと。

    ましてや、それが
    「ドラえもんのどこでもドア」
    のように、
    「好きな場所に行けるもの」
    であれば、それは正に

    『男のロマン』なのであります。

    ご賛同の方は「パチパチ」をお願いします。
    (てか。)

    取りあえず、今日はここまで。


     ★宜しかったらポチッとお願い致します。
    ブログランキングに参加しています。


    にほんブログ村

     

    【正規】SLOW Traditional(スロウ トラディショナル)通販


    キャンピングカーは「動く別荘」だ!

    0
      JUGEMテーマ:キャンピングカー
      キャンピングカーは動く別荘だ!

      別荘は高い!とても買えやしない。
      もし買えたとしても、あまり欲しくはない。

      例えば、軽井沢に別荘があったとしよう。
      年に何回行ける?行けたとして1〜2回位か。

      行ってまずしなければならないのが、掃除。
      窓を全開にして風を入れ、大掃除しないと
      いけない。

      その時に聞こえてくるのが妻の声。

      「きゃ〜、クモ!取ってー!取ってよー!
      早く〜!!」

      てな感じになるに違いない。

      要するに面倒臭いし、ストレスを発散しに
      来ているのに、掃除はしなければならないし
      別荘を持つメリットを感じない。

      又、何回行ったとしても同じ景色というのが
      つまらない。飽きてしまうのだ。



      その点、キャンピングカーは正に
      「動く別荘!」なのである。

      毎日、違う景色だし、飽きたら移動すれば
      良い。

      海を見ながら車の中で夕食を取っても良いし、
      ラベンダーの香りを楽しみながら花畑で
      昼寝をしても良い。



      23 (4)_R.JPG

      朝霧の湖を見ながら、音楽に酔いしれても
      良いし、鼻くそを穿りながら思いっきり
      おならをしてもいい。

      IMG_1300_R.JPG

      07.4.29ゴールドコースト 062_R.jpg

      そう、「自由な空間」なのだ。

      北海道に1ヶ月間、ひとり旅(愛犬と一緒)を
      した時もそう感じた。

      当初、ヒマを持て余すのではないかと思ったが
      全然、それはなかった。

      新聞もテレビも必要なかったし、
      毎日違う景色を見ながら、「旅」の良さを
      充分堪能できた。

      起きる度に、「新しい別荘地」に「いる!」

      そんな贅沢ができるのが
      「キャンピングカー」の魅力なのだ。

      とりあえず、今日はここまで



       ★宜しかったらポチッとお願い致します。
      ブログランキングに参加しています。

      にほんブログ村









       

      キャンピングカーは定年後の「おもちゃ箱」だ!

      0
        JUGEMテーマ:キャンピングカー

        キャンピングカーは
        定年後の「おもちゃ箱」だ!


        このブログを見ている「貴方」は
        おいくつだろうか?


        定年まではまだまだ何年もある人もいる
        だろうし、まもなく定年を迎える人、
        もう定年退職して暇を持て余している人も
        いるだろう。

        私は60歳で定年退職し、1年間遊んだ後
        ある公的機関の期間限定臨時職員を経て、

        現在ある職場で契約社員として働いている。

        1年間遊んで感じたことは、定年後は
        「趣味」がないと、非常に「苦痛」なのだと
        いうこと。

        幸い、私は「読書」・「DIY」

        (主にウッドデッキや濡れ縁づくり、

        自宅の壁塗りなど)や


        「キャンピングカー旅」の趣味があるので
        暇を持て余すことはなかったものの
        「仕事」に代わる「趣味」がないと

        『サンデー毎日』は苦痛なのだろうと
        思う。


        「キャンピングカー」の定年後の存在は
        大きい。

        定年になったら「ひとり旅」をしようと
        思っていて、定年が待ち遠しかった。

        定年になり、その通り一週間単位の
        「ひとり旅」を4回、一ヶ月間の
        「ひとり旅+愛犬」「ふたり旅+愛犬」
        を楽しんできた。

        正直、
        「いや〜、本当に楽しかった!」

        『想い出』が一挙に増えた感じだった。

        キャンピングカーの魅力のひとつに
        「子供の時の感性」に戻れることだ。

        そう、キャンピングカーは
        大人の「おもちゃ箱」なのだろう。

        理屈抜きで
        「ワクワク」する!

        どれで遊ぼうか(何処に行こうか)
        自分の思ったように自由に
        遊べる。


        会社員時代は、ほとんど「仕事」だった。
        いや私は、がむしゃらに仕事に
        打ち込んできた訳ではないが、
        毎日は、それなりに「仕事」をしてきた。

        ほとんどの人がそうだろう。

        定年後は、いや定年前でも

        「もっと、もっと遊んでもいい!」と
        思う。

        それが「生き生き」人生ではないか。

        「経済的に厳しいから遊べない」
        「そんな余裕はない」
        「遊びたくても、そんな時間はない」

        等々、言っている人は
        本当の意味で「遊べない人」なのかも
        しれない。

        まず、「遊ぼう!」という気持ちが
        大事なのではないかと思う。


        さあ、「キャンピングカーという
        おもちゃを持って遊びに出よう!」



         ★宜しかったらポチッとお願い致します。
        ブログランキングに参加しています。

        にほんブログ村


         


        キャンピングカーは「コミュニケーションツール」だ!

        0
          JUGEMテーマ:キャンピングカー

           

          ★キャンピングカーは

          「コミュニケーションツール」だ!

           

           

          キャンピングカーを持つと不思議なこと

          が起こる。

           

          私の場合、最初にキャンピングトレーラー

          を乗った時に、「それ」は起こった。

           

          キャンピングトレーラーとすれ違った時に

          先方の運転手の人が「手」を振ったのだ!

           

          「え?、知り合いでもないのに?」

           

          でも、瞬間的に私も手を振った。

           

          その時、分かった!

          「そうか、キャンパー同志の挨拶なんだ。」

           

          よくバイク同士がすれ違った時にする

          挨拶と同じなんだ。

           

           

          「おお、いいではないか!」

           

          同じ趣味を持つキャンパーの絆を感じる。

           

          しかし、その後、何度か挨拶するように

          なって思ったことがある。

           

          一つは明らかにキャンピングカーだと

          分かるキャブコンならば、ほぼ挨拶するが

           

          「あれ?キャンピングカーかな?」

          という風な、よく分からない『バンコン』は

          挨拶しない傾向があるということ。

           

           

          一つはあれだけすれ違う時、挨拶してくれる

          のだから、同じ駐車場でキャブコン同志が

          出会ったら、どんだけの挨拶があるんだろう

          と思っていたら、

           

          「あれ?」

          という位、ヨソヨソシイ。

          この辺が「日本人」らしいところなんだろう。

           

          もう一つは、キャブコン同志すれ違う時、

          挨拶するが、時として分かっているはずなのに

          しない人がいる。

           

          よく見たら「ひとり旅」のおっさんに多い。

           

          「挨拶で上げた手をどうしたらいいんだ!」

          宙に浮いた手が悲しい。

           

          そんな時もたまにはあるが、基本的に

          キャンピングカーとすれ違う時には手を

          振るようにしている。

           

          不思議な連帯感だなぁと思う。

           

          又、キャンピングカーに乗っていると

          声を掛けられやすいということもある。

           

          東京あきる野市に近い「道の駅」で

          サイクリング車で来た人に声を

          掛けられた。

           

          「いいですね〜。夢なんです。

          こういう車に乗りたいですねー。」

           

          キャンピングカーだからこそ

          声を掛けるのでしょう。

           

           

          これがベンツだったらどうなるか。

           

          「いいですね〜。夢なんです。

          こういう車に乗りたいですねー。」

           

          「わりぁ、どこの組のもんじゃー!

          一緒に事務所に来いやー!」

           

          「ひぇ〜!」

          何てね。

           

           

          まあ、冗談はさておき

          キャンピングカー同志は基本ベース

          が同じだから声を掛けても不自然

          でない。

           

          例えば、全国チェーンの大企業の

          社員同志といえば分かりやすいかな。

           

          社印バッチを付けているので同じ

          社員だから見たことがなくても

          それなりに話してもおかしくない。

           

          「どちらから来られたのですか?」

           

          「博多です。貴方は?」

           

          「仙台です。北海道は涼しくて

           いいですね。」

           

          「ホントそうですね〜。

           お勧めの場所とかありますか?」

           

          「○○○に行って来ましたがすごく

           良かったですよ。」

           

          てな、感じ。

          キャンピングカーでなければ、

          こういう会話はまずない。

           

          「人と人を結びつけるのが

          キャンピングカーの良さであり

          そこから又、楽しみが倍増されて

          くるのだ。

           

           

           ★宜しかったらポチッとお願い致します。
          ブログランキングに参加しています。


          にほんブログ村

           

           

           

           

           

           


          「キャンピングカー旅は恋人のようなもの!?」

          0

            JUGEMテーマ:キャンピングカー

            ★「キャンピングカー

                  北海道旅」て何?

             

             

            最近、キャンピングカーで出掛ける事が

            めっきり減ってきた。

             

            理由の第一は週5日の契約社員の仕事が

            あるからなのだが、今一つ

            「よし!行くぞー!」という気持ちに

            なれない。

             

            去年の今頃は正に「北海道のひとり旅」を

            しているのに、今年は「行けない・・。」

             

            それが一番ノレテない理由なのだろう。

             

            まあ、仕事もせずに1ヶ月間もほっつき

            歩ける身分でもないので、しょうがないが

            あの北海道の楽しかった日々は今年は

            無理なのだ・・。

             

            丁度、「北海道旅」という美人に恋し

            1ヶ月間、一緒に暮らしたのに

             

            「今は会えない・・。」

             

            てな感じなのかなぁ。

            「会いたくても会えない。」

             

            正にそんな感じ。

             

            「北海道旅」にハマるキャンパーは

            毎年、恋人に会う為に行くようなもの

            なんだろう。

             

            関東や西日本に住んでいる人ほど

            毎日30度以上になる猛暑日や熱帯夜を

            たっぷり経験し、

             

            「アジー!!」

            「冗談じゃないよー!」

             

            と言いつつ満員電車でポマード臭い親父

            (今時いるのか?)の頭を嗅ぎつつ通勤して

            いる人もいるのだろうな。

             

            そんな中、高原の涼しい風を長い髪に

            ナビカセテ走ってくる「北海道!」を

            恋さない訳がない。

             

            「今、北海道に行っているキャンパーが

            うらやましい!」

            24 (5)_R.JPG

             

            そんな今日、この頃でございます。

             

             

            昨日は休みだったので家の駐車場に

            ある愛車に愛犬ココを同伴して

            ベッドに横たわりながら読書をし、昼寝を

            した。

             

            まあ、暑くもなくやさしい風が車内に入り

            それなりに居心地の良い空間の中で

            北海道旅という恋人に思いを馳せたのでした。

             

             

             ★宜しかったらポチッとお願い致します。
            ブログランキングに参加しています。


            にほんブログ村

             

             


            1

            PR

            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            30      
            << April 2017 >>

            広告

            広告

            アマゾンPR

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • ココとの出会い
              かおなし♪
            • キャンピングカーをこうして手に入れた(その8)
              kenharu
            • キャンピングカーをこうして手に入れた(その7)
              レオじじい様
            • キャンピングカーをこうして手に入れた(その7)
              レオじじい

            links

            profile

            書いた記事数:81 最後に更新した日:2017/03/26

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM