キャンピングカー北海道ひとり旅 3日目(富良野)

0
    JUGEMテーマ:キャンピングカー

    7月17日(金) 3日目

    朝のセレモニー、ココの散歩(コンビニでの
    朝食購入含め)を終えて、
    そろそろ出発しよ
    うかという頃に助手席の窓をコンコンと叩く
    人が。

    隣に止めてあった秋田ナンバーの同じ
    グランドハイエースの「グランドロイアル」の
    夫婦連れのキャンパーでしたが、
    窓を開けるなり

    「いや〜同じ車種の車ですね。ナンバー
    プレートを見て、びっくりしたのですが同じ
    ナンバーなんですね〜。」

    「ええ、私も散歩していろんなキャンピング
    カーがあり、何処から来たのか見ていまし
    て、ふと隣のナンバーを見たら同じなんで
    、こんな事があるんだなと思ってました。
    奇遇ですよね〜。」

    そんなことから話をしていて、寿司屋を
    経営していたが息子に跡継ぎさせて引退
    し、夫婦でゆっくり北海道旅行を楽しんで
    いるとのこと。

    話してみて、ほんわかしたご主人と助手
    席で微笑んでいる奥さん、
    いかにも真面目に働いてきて、ようやく
    夫婦で楽しむ時間が出来、旅を満喫し
    ている感じが伝わってきて、私も心の中

    「これからも楽しい人生を過ごして下さい」
    と思いましたね。

    「又、何処かでお会いするかもしれません
    ね。」と奥さん。
    先に出発されて「お元気で」とお別れ。
    北海道での最初のふれあいでした。

    それからして間もなく私の車から水が漏れ
    ているとの親切な人から教えられて見ると
    、確かに車の下が水浸しになっている。

    多分ほとんど使っていなかった給水タンク
    からポンプを使ったことで水漏れしたと思
    われた。
    まあ、他に水タンクは用意してあるし
    大丈夫だろうと出発することに。

    目指すは『中富良野のラベンダー園
    富良野を見ずしてなるものかと北上する。

    「さあ、北海道の旅を満喫しますか。」

    まず感じたのは風のさわやかさ。
    暑くもなく、寒くもなく、ベタツキもない。

    「梅雨がない、というのも分かるねぇ。
    風のやさしい感触と酸素が沢山入って
    いそうな空気。うん、これだね、北海道の
    ハマる理由のひとつは。」

    『誰からも束縛されない自由な旅。
    好きな時間に好きな所に行ける自由。

    クーラーの風を当てるのはもったいない。
    窓を全開にして、この大自然の風を右手
    に受けて、左手は脇でおとなしくしている
    愛犬の柔らかい耳たぶをモミモミしながら
    好きな音楽を聴きながら、ひとり旅を今、
    している。』


    「何ということでしょう!」

    (ビフォー、アフターのフレーズ)


    この幸せ感!

    そんな自己満足感を満タンにさせて一路、
    中富良野へ。

    『中富良野ラベンダー園』に着きました。

    3 (3)_R.JPG
    一面、ラベンダーがびっしり。
    3 (6)_R.JPG
    その手前にサルビアやマリーゴールド達が
    色を添えている。

    ここは元々、なだらかな初心者用のスキー
    場になっているらしくリフトで登れる。
    往復300円と良心的なお値段であるし、
    登ってみたら
    何と、何と『絶景!』ではないか。



    「十勝岳とか、何とか山とか案内看板そのまま
    に、くっきり見えるんでないかい。


    うん、ラベンダーの香りも辺りを包み込んで

    いるし、心地よい風に乗って2.5km位まで届

    いていそうだなぁ。(適当)」
    3 (11)_R.JPG

     



    「来て、良かった!」幸先の良い絶景を
    堪能しました。

    今日のメインイベントが終了と相成ったので、
    無理をせず早めに車中泊予定地の
    ハイランドふらの』へ。

    駐車場に入るなり丁度、駐車場を掃除して
    いる従業員さんにお尋ねしました。

    「ここは車中泊できるのですか?」


    「ええ、無料ですし、大丈夫ですよ。」
    (おお、やった。情報通りだ。)


    「インターネットで見ましたが、朝食と朝風呂
    セットで1,100円ですか?」


    「ええ、朝6時から9時までやっています。」
    とのこと。

    うん、それでいこう。
    今日は風呂は我慢して、朝さっぱりしたほう
    が正解だろう。


    そんな計画を立てて、ココの散歩と車中での
    食事を済ませ、早めにベッドへ。

    何と、駐車場の下は『ラベンダーの海』と称す
    る、これまたラベンダーの園が。

    通常、私の寝床はバンクヘッド(運転席の
    上部)で、妻は奥のベッドで寝るのだが、

    今日は、奥のベッドに横たわった。


    以前そこは2段ベッドだったが狭いとの

    判断で、何と無謀にも1階天井を剥ぎ取り

    「ワンルーム」にしたのだ。


    これが正解で、非常に寝心地、居心地が
    良くなった。
    この居心地が良い場所にココを抱え入れ

    添い寝をしてしまうという誘惑に負けて

    しまうのだった。


    「う〜ん、昔むかし理性が負けて一線を

    越えてしまったような」


    なぁ〜て、ことはないが癒される時間を

    持とうと思ったのだろう、愛犬を傍らに

    抱き寄せた。

    電気を消して、ベッド脇の窓を開けると、

    涼しい風が入ってくる。


    心なしか、ラベンダーの香りも漂っている

    ような・・


    愛犬ココも、私の腕に寄り添って、静かに

    外を見ている。

    警戒しているのではなく、気持ち良い
    雰囲気を楽しんでいる。(気がする)


    そうした中で眠れるのも旅の至福であるのを

    感じながら、いつしか眠りに付いた・・・。

     

     

     ★宜しかったらポチッとお願い致します。
    ブログランキングに参加しています。


    にほんブログ村


    スポンサーサイト

    0
      • 1970.01.01 Thursday
      • -
      • 20:00
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>

      広告

      広告

      アマゾンPR

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • ココとの出会い
        かおなし♪
      • キャンピングカーをこうして手に入れた(その8)
        kenharu
      • キャンピングカーをこうして手に入れた(その7)
        レオじじい様
      • キャンピングカーをこうして手に入れた(その7)
        レオじじい

      links

      profile

      書いた記事数:83 最後に更新した日:2017/05/05

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM